【団体略歴】

 

2000年4月  矯正施設を出所した青少年の居場所づくり活動をスタート。

 2011年5月、大阪保護観察所の受託事業である『自立準備ホーム』の登録をし、アドラム宣教会・チェンジングホームとして、刑務所や少年院、鑑別所等からの出所者の自立支援を展開。

 

  その活動の中で、少年院や鑑別所から社会復帰してきた少年の中には、児童養護施設退所者が少なくないこと。また、彼らの中には、社会でやり直したくても、帰る家庭や再出発する拠点(居場所)がないことに、改めて気づかされ、児童養護施設退所者の居場所づくり、生活支援、自立後のアフターケアを行うチェンジングライフ活動を開始。

 2017年5月24日・特定非営利活動法人・チェンジングライフとして、(東大阪市指令協第9号)認証される。

 

                   ・

                   ・

                   ・ 

 

【代表者略歴】 野田詠氏(えいじ)

   少年時代、非行を繰り返し、大阪少年鑑別所、浪速少年院に収監される。
   少年院在院中、聖書の一節に衝撃を受け、やり直しを決意する。

  出院後、3年間の全寮制の聖書学院に学ぶ。  

  卒業後、東大阪市にアドラムキリスト教会を開設。

  教会の空きスペースを活用して、矯正施設出所者の自立支援活動を始める。

  2005年 薬物等の依存症からの克服を目指した一般社団法人・ティーンチャレンジジャパン理事となる。

 2009年 まっとうに生きたい少年院出院者のための全国サポートネットワークNPO法人セカンドチャンス!の理事となる。(現在は監事)

  2011年 大阪保護観察所自立準備ホームの受託事業者となる。アドラム宣教会チェンジングホーム代表となる。

  2013年 社会を明るくする運動において、法務省・浪速少年院より、"感謝状"を授与される。

  2015年 社会を明るくする運動において、”大阪矯正管区長賞”を授与される。

  2016年  自立準備ホームを卒業した卒業生のアフターケア、及び、貧困や社会的養護を受けられない少年の自立を支援する活動をチェンジングライフとする。

  同年   法務省・播磨学園(少年院)宗教教誨師の任命を受ける。