推薦のことば

 

 

 四半世紀前、私たちは少年院で出会った。私は教官として彼は院生として。

 

 

 

 野田君は昔からまっすぐだった。

 

 

 

 彼は問題児だった。納得のいかないことがあると感情が抑えられず、教官にとびかかった。彼はまっすぐだった。

 

 

 

 野田君は少年院の中でキリスト教の信仰に目覚めた。お兄さんから差し入れてもらった『塩狩峠』を読んでからだ。彼は聖書を読みふけり信仰に没頭しはじめた。彼はまっすぐだった。

 

 

 

 出院して何年か経ち、野田君は新聞に載っていた。彼は牧師になり、非行をしている後輩たちにかかわり始めていた。あの信仰は貫かれたんだと僕は思った。彼はまっすぐだった。

 

 

 

 その後、私は少年院出院者の団体「セカンドチャンス!」を立ち上げることとし、15年ぶりに彼と会った。彼は、行き場のない若者を自宅や教会で預かり始めていた。彼は「放っておかれた」若者を放っておけないのだろう。彼はまっすぐだった。

 

 

 

 彼は言う。人の回復には、必要とされること、信用されること、回復のための仲間をもつこと、心の飢えが満たされること、帰るところがあることが必要だと。そう、彼自身が回復者である。彼は、自らの経験をもとに、この団体をチェンジングライフと名付けた。

 

 

 

 「人生は変わる」

 

 

 

 野田君は今もまっすぐである。

 

津富 宏氏

静岡県立大学

・国際関係学部国際関係

学科・教授

 ・特定非営利活動法人

「青少年就労支援ネットワーク静岡」理事長
 


津富宏氏←詳細プロフィール